うつを薬で治療する方法【根気強く服用を続けることが大切】

苦しまずに適切な治療を

男性

家族も一緒に治療に参加

ストレスが多い現代社会において、精神的な疾患が原因で日常生活に支障がでることは、よくあるケースです。しかし、精神病棟や心療内科について閉ざされたイメージを持つ人も多く、病院に行って治療を行うことに否定的な考えを持つ人も多くいます。うつ病や統合失調症などの精神的疾患は、れっきとした病気であることを正しく理解して適切な治療を行い、周囲も温かく見守ってあげることが大切です。うつ病と言っても、いくつかの種類がありますが、その多くが脳内のホルモン物質の分泌異常によって発症すると言われています。脳内では、成長や体調を管理するホルモンの他にも、気分の落ちこみや幸せを感じるホルモンなどたくさんの物質が分泌されています。それらの分泌が上手く行われないと、倦怠感や脱力感を感じて仕事や趣味にやる気がなくなり、うつ病へとつながっていきます。うつ病の治療では、脳内のホルモンバランスを整える薬を使ったり、規則正しい生活を送れるように指導したりするなど、さまざまなアプローチを駆使します。中には、精神科や心療内科では隔離病棟で24時間監視されて治療していると想像する人もいますが、そのような重篤な患者はごく一部です。ほとんどの患者は、週に一回程度の通院で、カウンセリングと治療を行い、症状に合わせて通院の頻度が変化していきます。ただし、一度や二度の治療ですぐに治ることはなく、長期にわたって治療する必要があるため、自宅や職場から近い病院を選ぶことが重要です。また、うつ病は、「治療によって症状を抑えながら、支障なく日常生活を送れるようにする」病気であるため、継続して治療すること知っておくと安心です。うつ病は、いくつかに分類される病気であり、また大人だけでなく、小学生など小さな子供もかかる病気と言われています。環境の変化によって、誰しもが罹る可能性がある病気であることを知って、適切な治療を行い、患者の家族や友人は温かい目でサポートしてあげることが大切です。うつ病は、脳内のホルモンバランスが崩れることで発症すると言われており、きっかけは職場のストレスや引っ越しによる環境の変化など人それぞれです。そのため、治療では薬を使ってホルモンの分泌を整えたり、脳へ微量の電気を流して脳波を刺激したりするものなどあらゆる方法が取られます。最近では、近赤外線を脳に照射する治療方法や磁気によるものなど、最新の方法が確立しており、患者の症状に合わせて治療が行われます。うつ病の治療では、本人の治療と共に、身近な人のサポートが非常に重要なため、家族が病院に付き添い、サポートの仕方を指導してもらうことも大切です。指導では、患者への「がんばって」や「わかるよ」といった言葉はタブーであるとか、「気の持ちようだから」と軽い発言をしてはいけないということを習います。また、うつ病の原因には、複雑な要因が入り組んでいることがあるため、専門医ではない人が無理に原因を探すこともタブーです。さらに、患者を元気付けようと気晴らしに旅行に誘ったり、無理に外に連れ出したりすることも、患者を追い込んで逆効果だとされています。うつ病患者への接し方は大変気を遣うべき問題なので、自分勝手に判断せず、専門医のアドバイスを参考に患者と家族が一緒になって治療にあたることが大切です。

Copyright© 2018 うつを薬で治療する方法【根気強く服用を続けることが大切】 All Rights Reserved.