うつを薬で治療する方法【根気強く服用を続けることが大切】

うつを薬で治療する方法【根気強く服用を続けることが大切】

精神的病気の治療方法

医者

種類と注意点について

うつ病は、現在その患者数を増やしている精神疾患の一つです。仕事や家庭内のこと、恋愛関係のことなど様々なストレスが原因となることが多く、一度発症してしまうと、完治に時間がかかるという特徴があります。しかし、決して治らない病気というわけではありません。きちんと通院し、自分と向き合っていくことで完治は可能です。自分で症状に気付いた時に早めに病院を受診し、早めに治療を開始するようにしましょう。さて、治療の際には、医師との対話による心のケアの他、抗うつ剤と呼ばれる薬を使うことが一般的です。抗うつ剤は、めまいや頭痛、吐き気などの身体的症状のためではなく、精神的症状の緩和に効果がある薬です。体の病気であれば、薬や手術などですぐに良くなっていきますが、この薬は飲めばすぐに病気が治るというものではありません。定期的に飲み続けることで少しずつ症状の緩和をはかり、治療の手助けをする、というようなイメージで使われます。そのため過度な期待はせずに、根気強く服用を続けることが大切です。また、この薬を服用する際には、必ず医師に言われた用法、用量を守ることが、とても重要です。このような薬は精神疾患患者に特別に処方されるものであり、薬局などで買えるようなものではありません。脳内物質に作用して、主に感情や気分への効果が現れるため、必要以上に大量に飲んだり、服用方法を間違ったりすると逆効果になってしまうことがあるのです。処方された場合には必ず注意事項などを確認して服用を続けるようにしましょう。さて、抗うつ剤には様々な種類があります。大きく分けると、やる気や意欲を出させるもの、緊張感や焦燥感を和らげるもの、楽しもうとする気持ちを作り出すもの、の三つです。それによって抗うつ剤の種類が分けられます。例えば、何にも興味が湧かない、性欲がなくなった、何もする気が起きないなどの症状が現れている場合、意欲を出させるための抗うつ剤が処方されます。これはSNRIやNaSSAと呼ばれる種類で、ノルアドレナリンという脳内物質に作用します。同じように、現れている症状に合わせ、医師が適切なものを処方していきます。そのため、カウンセリング治療にて、現在ある症状を正確に伝えることは大切です。精神的症状は、医師が見た目で判断が出来ないものですので、正直にしっかり答えましょう。また、服用するにあたっては副作用にも注意が必要です。種類によっては、効果が高い反面副作用が強いものもあります。現れる副作用としては、強い眠気や下痢、吐き気などが挙げられます。このような症状が現れた場合でも、服用を続けることによって体が薬に慣れ、徐々に副作用の症状は減っていきますので、まずは様子を見てみましょう。ただし、我慢できないほどつらい副作用に悩まされている場合は、医師に相談して薬の種類を変えてもらうなどの処置が必要です。また、もともと障害を抱えている人、妊娠中の人などは服用する種類に十分注意が必要です。あらかじめかかりつけの医師にも伝えておき、服用して良い薬を処方してもらうようにしましょう。自分に合った抗うつ剤を見つけて、つらいうつを克服しましょう。

男性

苦しまずに適切な治療を

うつ病の治療には、定期的に長期にわたって治療にあたることが必要とされ、薬や脳波を刺激する治療方法などが行われます。また、うつ病患者に対する正しい接し方を習うため、家族も一緒に病院と関わり、適切なサポートをしていくことが求められます。

病院

適切な治療を行う

抗うつ剤を使用して症状の改善をしようとするのであれば、正しい知識を身に付けて薬を使用する事が大切です。医師の指導に従って薬を使用する事が重要であり、自分の症状にあった薬を適切に使用し続けていく事で効率よく改善する事ができます。

診察

メンタル不調の治療

うつ病にも、その症状の出方や重症度によって、いくつかの類型に分類されます。症状も様々ですので、薬も様々にあります。基本的には、脳内の神経伝達物質の減少を防ぐために薬が用いられます。専門医の死蔵に従って服薬が必要です。

Copyright© 2018 うつを薬で治療する方法【根気強く服用を続けることが大切】 All Rights Reserved.